9.06.2013

TADACHIYA ”京の水” 極上あぶらとり紙

kyo-no-mizu

日本で一番古い化粧品店の一店、
長野県松本市のTADACHIYA特製あぶらとり紙、

京の水




金箔打紙製法にて作られているそうです。


金箔打紙製法とは、金箔を作る際、金塊を和紙に挟んで、何千回も叩くそうなのですが、
それと同様に高級な和紙を何千回も叩いて繊維をつぶしてあぶらとり紙を作る方法。
そのため、こちらのあぶらとり紙はとっても薄くて、羽のように軽く柔らか。


純金箔も入っているので、高級感もあります。
ちなみに、純金箔は昔から除菌作用もあると言われているそうです。

お値段は、20枚入り 399円(税込)

松本のお土産にどうぞ。

通販も可能だそうです。
ご連絡はフリーダイヤル0120-320057まで。


長野県松本市大手3-3-4
TADACHIYA


大きな地図で見る



また、このあぶらとり紙は、
伊勢町通りの文具専門店 STATIONERY Oneでもお取り扱いがあります。
こちらもぜひご利用ください。


長野県松本市中央1-18-1  Mウイング1F 南東角
文具専門店 STATIONERY One


大きな地図で見る

About

ようこそ!

このブログは、"何かおもしろそう”、”なんかいいな”、って感じたネタを綴っています。
テーマは、なんかいいな。それだけ!
だから、書いてる内容もいろいろです。
見て頂いて、何かいいコト知った、みたいに思っていただければ嬉しいです。

Blog Archive